NanoTerasuとMAX IVが連携協力の覚書を締結

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構NanoTerasuセンター(センター長:高橋正光)、一般財団法人光科学イノベーションセンター(理事長:高田昌樹)及び公益財団法人高輝度光科学研究センター(理事長:雨宮慶幸)と、MAX IV(マックスフォー)研究所(所長:Olof Karis)は、令和6年5月20日、3GeV高輝度放射光施設NanoTerasu(ナノテラス)とMAX IVの連携協力に関する覚書を締結しました。

https://www.qst.go.jp/site/press/20240520.html

調印式の様子 (左から、雨宮JASRI理事長、Olof Karis MAX IV所長、高橋NanoTerasuセンター長、高田PhoSIC理事長)
                   会場:NanoTerasu内見学ホール

NanoTerasu共用ビームラインの試験的共用を開始!!

令和6年5月20日、NanoTerasu共用ビームラインの試験的共用を開始しました。

試験的共用とは試験的な利用を通じてビームラインの最終調整を行うことで世界最先端の共用ビームラインの性能を引き出すこと目的としています。試験的共用課題は外部有識者を含むQST内の委員会(次世代放射光施設利用研究検討委員会)において選定されたもので、3本の共用ビームラインで全10課題を実施します。
令和6年5月20日には、そのうち東北大学の鈴木博人講師のグループによる「銅酸化物高温超伝導体の集団励起の観測によるRIXS装置性能の実証」および同じく東北大学の佐藤宇史教授のグループによる「ナノ空間電子計測による新奇トポロジカル量子現象の解明」の二つの課題が先行して開始されました。今後は、その他の課題についても順次開始される予定です。

東北大学 佐藤宇史教授のグループ(後列)と
QSTビームライングループ(前列)
NanoTerasu共用ビームライン BL06U

コアリションユーザー利用開始

NanoTerasuコアリションビームラインのユーザー利用が、令和6年4月9日より開始され、その模様が報道機関に公開されました。

コアリションビームライン(BL14U)の利用内容の説明中(戸田工業取締役 松岡氏)
PhoSIC高田理事長の囲み取材

関連報道: 東日本放送 NHK 東北放送 ミヤギテレビ 仙台放送 河北新報 日本経済新聞 など

NanoTerasu の運用を開始しました

令和6年3月の施設検査を終え、4月1日より新たな組織体制(QST、PhoSIC、JASRI)によるNanoTerasu の施設運用を開始しました。今後、より多くのユーザー様にご利用いただき、早急に素晴らしい成果がNanoTerasuより発信できるよう、関係者一丸となり全力でサポートして参ります。

3GeV高輝度放射光施設ナノテラスが稼働―日本の競争力の強化に大きく貢献−」に関する記事はこちらから

関連報道: 東日本放送 仙台放送 ミヤギテレビ NHK 河北新報 など

NanoTerasu整備新たな局面へ、歴史的瞬間の到来 – ファーストビーム達成

NanoTerasuは、令和5年12月7日において、ファーストビーム*の達成を祝いました。この歴史的瞬間には、小安理事長(QST)、高田理事長(PhoSIC)、稲田課長(文科省)、小嶋副部長(宮城県)、柳津経済局長(仙台市)、植田理事(東北大学)、宮本副会長(東経連)、茂田井部長(七十七銀行)にご臨席いただきました。
小安理事長(QST)と高田理事長(PhoSIC)が、それぞれビームラインBL13UとBL10Uのメインビームシャッターを開く操作を行い、各ビームラインの光学ハッチ内のスクリーンに放射光が到達したことを確認。詰めかけたスタッフ共々この感動的な瞬間を共有しました。ファーストビーム達成により、実験ホール内に放射光が導入され、今後のビームライン整備が加速されることが期待されます。次世代型の放射光施設として先端挿入光源から初めて導入された放射光X線は、今後、新たな科学技術の扉を開くきっかけとなります。NanoTerasuは、未来において革新を起こすためにさらなる一歩を踏み出しました。

量子科学技術研究開発機構の小安理事長(左)と光科学イノベーションセンターの高田理事長(右)

*円型加速器内に設置された挿入光源からの放射光X線を実験ホールに初めて導入し、観測すること。

J:COMチャンネル LIVEニュース~仙台~ でNanoTerasuから生中継がありました

8月12日、J:COMチャンネル LIVEニュース~仙台~ にてNanoTerasuからの生中継がありました。
番組ホームページ

2023 G7科学技術担当大臣会合

G7科学技術大臣会合・最終日のエクスカーションにてNanoTerasuを御視察いただきました
また、続けて、実験ホールにて、内閣府、文部科学省、経済産業省共催の公式サイドイベントとして、ハイレベル会合「量子技術が切り拓く未来」を開催いただきました。

リンク:khb東日本放送 youtubeチャンネル
リンク:NHK宮城
リンク:TBC東北放送
リンク:ミヤギテレビ
リンク:河北新報

G7科技相会合 仙台開催決定

G7科技相会合の仙台開催が決定されました。開催日程は令和5年5月12日(金曜日)から14日(日曜日)です。仙台市を科学技術都市として世界に発信して行く予定とのこと。
●リンク:仙台市

リンク:khb東日本放送 youtubeチャンネルより

愛称を「NANOTERASU」に決定

愛称が「NanoTerasu (ナノテラス)」と決定され、愛称披露式が行われました。

●リンク:次世代放射光施設の愛称の決定について

リンク:khb東日本放送 youtubeチャンネルより
ニュース一覧 Topページへ戻る